エジプト大統領:退陣拒否、新内閣を発足へ-米大統領は具体策要求

エジプトのムバラク大統領は、デ モ隊からの退陣要求を拒否し、民主主義を促進するため新内閣を発足 させることを表明した。デモ隊は夜になっても警察当局と衝突。建物 を放火し、装甲車に群がっている。

ムバラク大統領は29日未明にカイロで、国民向けのテレビ演説 を行った。数千人規模のデモ隊が路上で「自由」と「変革」を訴え、 30年間に及ぶムバラク政権下で最も深刻な事態となっている。

オバマ米大統領はムバラク大統領の演説終了後に30分程度、電 話で会談したと説明。ムバラク大統領に対し、政治・社会・経済の改 革に向けた「具体的措置」を実行して、自身の誓約を果たす必要があ ると伝えたことを明らかにした。

ムバラク大統領は演説で「内閣に総辞職を指示した。29日に新 内閣を指名して新たな義務を担わせ、次の時代に向けた優先事項につ いて責任を負ってもらう」と述べた。

エジプト情勢の緊迫化を背景に、株価は世界的に昨年11月以来 の大幅下落、原油相場は2009年以来の大幅高となった。

MSCIオールカントリー・ワールド指数は、ニューヨーク時間 28日午後4時59分(日本時間29日午前6時59分)現在、1.4%安。 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は同日、1 バレル=89.34ドルと、前日比3.70ドル(4.3%)値上がりした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE