米国株(28日):反落、S&P500種は8月以来の大幅安

米株式相場は反落。S&P500 種株価指数は昨年8月以来の大幅安となった。フォード・モーターや アマゾン・ドット・コムが大きく下げたほか、エジプトの情勢緊迫化 が売り材料となった。米経済成長は加速したものの、相場への影響は 限定的だった。

2010年10-12月(第4四半期)決算が79%の減益となったフ ォードは急落。利益がアナリスト予想を下回るとの見通しを示したア マゾンも安い。マイクロソフトは3.9%安と、ダウ工業株30種平均 の採用銘柄で値下がり率トップ。同社の基本ソフト(OS)「ウィン ドウズ」部門の売上高が予想に届かなかったことから、将来の需要に 対する懸念が強まった。原油相場の急伸を背景にNYSEのArca 航空株指数は大きく値下がりした。

S&P500種株価指数は前日比1.8%安の1276.34と、昨年8 月11日以来の大幅安。ダウ工業株30種平均は166.13ドル (1.4%)下落の11823.70ドル。週間ベースでも下落した。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は24%上昇。エジプトで30年間にわたるムバラク政権の 打倒を求めるデモと当局との衝突で情勢が緊迫化し、同大統領が全国 に夜間外出禁止令を出したことがきっかけ。

「不確実性の雲」

ハリス・ブライベート・バンクのジャック・アブリン最高投資責 任者(CIO)は、「投資家は安全性を求めている」とし、「不確実 性の雲が立ち込めてきた。エジプトの政情不安で動揺が広がっている」 と説明。「米国ではフォードやアマゾンの決算がこの日は大きな売り 材料だった。株式相場はこれまでかなり上昇しており、適正なバリュ エーションとみられたようだ」と述べた。

ダウ30種平均は週間で下落した。昨年11月26日以降、週間ベ ースでは毎週上昇しており、前日までに8.1%高。市場予想を上回る 企業決算に支えられた。ブルームバーグがまとめたデータによると、 S&P500種銘柄で10日以降に決算を発表した183社のうち、74% 以上がアナリストの予想平均を上回った。

ムバラク大統領は午後6時から朝7時までの夜間外出禁止令を発 動した。国営テレビが報じた。カイロではムバラク大統領の退陣を求 めて大規模なデモが発生。当局は催涙ガスなどで鎮圧にあたった。カ イロにある与党の本部ビルが炎上したとAP通信が国営テレビを引用 して報じた。

ファースト・ニューヨーク・セキュリティーズのパートナーでグ ローバルエクイティとレーダーのアンドルー・ロス氏は、「市場参加 者は、エジプトでの軍事介入やイスラム過激派台頭の可能性を懸念し ている」と指摘。「エジプトは米国の同盟国であり、政情不安で著し い安全保障上の問題が生じる恐れがある」と述べた。

GDP

エジプトのデモにより、昨年第4四半期の米国経済拡大による相 場の影響は相殺された。米商務省がこの日発表した2010年第4四半 期(10-12月)の実質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率) 速報値は前期比3.2%増だった。第3四半期は2.6%増。個人消費は 2006年第1四半期以来の高い伸びを示した。

自動車株指数は10%安と、S&P500種の業種別24指数で値下 がり率トップ。フォードは13%下落。同社の10-12月の純利益は 前年同期比79%減少。欧州事業の赤字が響いた。ゼネラル・モータ ーズ(GM)は5.4%値下がり。

アマゾンは7.2%安。同社の1-3月(第1四半期)の営業利益 見通しはアナリスト予想を下回ったほか、売上高見通しは下限がアナ リスト予想平均に届かなかった。

航空株指数

マイクロソフトは3.9%安。ナスダック総合指数は2.5%下げた。 ウィンドウズ部門の売上高は50億5000万ドルと、アナリスト予想 平均の52億ドルを下回った。

エジプトの政情不安を受け、反政府の動きが中東の主な産油国に も広がるのではないかとの懸念が強まり、原油相場は4.3%上昇。N YSEのArca航空株指数は昨年10月以来の安値となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE