1月28日の欧州マーケットサマリー:株が下落、エジプト情勢を嫌気

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3601 1.3734 ドル/円 82.09 82.92 ユーロ/円 111.65 113.89

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 280.45 -2.43 -.9% 英FT100 5,881.37 -83.71 -1.4% 独DAX 7,102.80 -52.78 -.7% 仏CAC40 4,002.32 -57.25 -1.4%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.37% -.01 独国債10年物 3.15% -.06 英国債10年物 3.65% -.04

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,334.50 +6.50 +.49% 原油 北海ブレント 99.50 +2.11 +2.17%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は下落し、ストックス欧州600指数は週間での上 げを消す展開となった。エジプトでの反政府デモの激化が影響した。

エジプトで商取引があるイタリアのイタルチェメンティやフラン スのラファルジュが安い。サノフィ・アベンティスは大幅下落。研究 でがん治験薬の延命効果が示されなかったとの発表が嫌気された。リ オ・ティントなど資源株も値下がり。ストックス欧州600指数の資 源株指数は、19業種中で最大の下げとなった。フィアットはクレデ ィ・スイス・グループによる投資判断引き下げが影響し売られた。

ストックス欧州600指数は前日比0.9%安の280.45で終了 した。

タレット・プレボンのトレーダー、トーマス・ラスケティ氏(ロ ンドン在勤)は「エジプトでの政情不安や夜間外出禁止令、国外への 波及懸念といったニュースが続き、下げが拡大した」と分析。「エジ プトは域内を安定させる影響力があり、重要な役割を担っている」と 続けた。

イタリア最大のセメントメーカー、イタルチェメンティは3%安。

ラファルジュは2.2%安。同社は2007年に、エジプトのオラ スコム・コンストラクション・インダストリーズからセメント部門を 買収した。

サノフィは3.8%安と、半年で最大の下げ。フィアットは

4.5%下落した。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではドイツ2年債が週間で4週連続の下落。欧州中央 銀行(ECB)が利上げを実施するとの観測が強まった。

同2年債利回りは約1年ぶりの高水準となった。1月のユーロ圏 小売業景気指数は過去4年余りで最大の伸びを示した。アイルランド の上院での予算案採決を29日に控え、同国10年債利回りは約2カ 月ぶりの高水準付近で推移した。

ウニクレディトの債券ストラテジスト、コーネリアス・パープス 氏は、「インフレが大きな問題となっている」と指摘。「ユーロ危機 よりもはるかに大きい問題と思われる。ECBは市場の反応に満足し ている。同中銀の一段と積極的な姿勢を市場が織り込んでいることを 歓迎している」と述べた。

ロンドン時間午後4時55分現在、独2年債利回りは前日比ほぼ 変わらずの1.36%。同国債(表面利率1%、2012年12月償還) 価格は0.025ポイント上げて99.345。ドイツ10年債利回りは6 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.15%。

アイルランド10年債利回りは1bp上昇の9.13%。週間で 33bpの上昇。

◎英国債市場

英国債は上昇。昨年10-12月(第4四半期)の米国内総生産 (GDP)が前四半期から拡大したものの、伸び率は予想を下回った。

ロンドン時間午後5時29分現在、10年債利回りは前日比4ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げて3.65%。2年債 利回りはほぼ変わらずの1.26%。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE