NY外為(28日):ドル上昇、エジプト情勢緊迫化で逃避

ニューヨーク外国為替市場ではド ルとスイス・フランがユーロに対して上昇、3週ぶりの大幅高を記録 した。エジプトでの反政府デモと警察の衝突を背景に、安全通貨とし てのドル、フラン買いが活発化した。

エジプト・ポンドは対ドルでほぼ6年ぶりの安値。ムバラク大統 領は30年にわたり独裁体制を敷いてきたが、ここにきて国民からの退 陣要求に直面している。格付け会社のフィッチ・レーティングスは、 エジプトの格付け見通しを「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。 中東地域の通貨で対ドルでの値下がりが最も大きかったのはイスラエ ル・シェケルだった。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)の南北アメリカ地域G10通 貨戦略責任者、パレシュ・ウパダヤ氏は、「地政学的懸念による典型 的なリスク回避のようだ」と述べ、「これが石油や金、ドルの価格を 押し上げている。ユーロは下落し、対ユーロでのスイス・フランには 再び安全逃避の需要が集まっている」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時、ドルは対ユーロで1ユーロ=1.3584 ドル。一時は1.1%高の1.3584ドルまで買い進まれた。前日は

1.3734ドルだった。フランは対ユーロで1ユーロ=1.2821フラン。 一時は1.4%上げて1ユーロ=1.2806フラン。前日は1.2985フラ ン。ドル、フランともに上げ幅は日中としては今月6日以来で最大。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日 比4.5%高。金先物4月限は1.4%値上がりした。

エジプト情勢

フィッチはエジプトの格付け見通しを「ステーブル(安定的)」 から「ネガティブ」に修正した。

エジプトの警察は、抗議行動に参加した数千人がタリハール広場 に接近するのを阻止しようと催涙ガスを撃ち込み、デモ参加者は機動 隊を乗せたトラックに投石した。エジプト当局はインターネットや携 帯電話のアクセスを制限したほか、主要な反政府グループ、ムスリム 同胞団の指導者らを拘束した。

エジプト・ポンドは対ドルで1ドル=5.8575ポンド。前日は 2005年1月以来の安値をつけていた。

ドルは一時、米国内総生産(GDP)統計を材料に対ユーロで上 げた。米商務省が発表した昨年第4四半期(10-12月)の実質国内総 生産(GDP)は前期比3.2%増だった。第3四半期は2.6%増だっ た。第4四半期の米国経済は、個人消費に支えられ拡大した。

円相場

この日の円は主要通貨すべてに対して上昇。前日の米格付け会社 スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)による格下げを手掛かり とした円下落は長続きしないとの見方が背景。

ユーロは対円で1ユーロ=111円77銭。一時は2.1%安まで下 げた。前日は113円89銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE