グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。指標のハンセン指数は3週間ぶりの安値で 終了した。中国政府が不動産税の試験導入を2都市で認めたことが嫌 気され不動産株が下げたほか、商品相場の下落につれて石油など資源 関連株も売られた。

中国の不動産会社、恒盛地産(845 HK)は4.2%下落。中国政府 系のチャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK)や中国建設省 傘下の中国海外発展(688 HK)も値下がりした。

沖合石油・ガス探鉱で中国最大手の中国海洋石油(CNOOC、 883 HK)は7%安。産金会社の招金鉱業(1818 HK)は5.9%下げた。

富昌証券のゼネラルマネジャー、藺常念氏(香港在勤)は「中国 では地方政府が主要な安定財源として不動産税に一段と頼るようにな り、導入が全国的に広がるだろう」と述べた上で、「不動産投資家にと ってはコストが著しく上昇する」と語った。

ハンセン指数は前日比162.60ポイント(0.7%)安の23617.02 と、10日以来の安値で終了。週間下落率は1.1%となった。ハンセン 中国企業株(H株)指数は前日比0.7%安の12565.56。

【中国株式市況】

中国株式相場は上昇。上海総合指数の週間上昇率はこの6週間で 最大となった。業績の伸び予想に対して株価が過小評価さているとの 観測から自動車や産業関連株などが買われた。

中国最大の自動車メーカー、上海汽車集団(SAICモーター、 600104 CH)は2カ月ぶりの高値に上昇。同社のバリュエーション(株 価評価)を理由に中信証券(CITIC証券)と中国国際金融(CI CC)が買い推奨したことが好感された。同業の一汽轎車(000800 CH) や重機メーカーの三一重工(600031 CH)も値上がりした。

一方、万科企業(000002 CH)と中国建設銀行(601939 CH)はそ れぞれ不動産株と銀行株の下げを主導。中国政府が不動産税の試験導 入を2都市で認めたことや、中国人民銀行(中央銀行)総裁が預金準 備率の一段の引き上げを示唆したことが響いた。

華西証券のストラテジスト、鄧長榮氏(深セン在勤)は「一部の セクターのバリュエーションは過去最低水準であり、買い場を提供し ている」と述べた上で、「戦略的なポートフォリオ構築に向けて一部の 投資家はこの機会を利用している」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比3.60ポイント(0.1%)高の2752.75で終了。 週間上昇率は1.4%で、昨年12月17日終了週以降で最大となった。 上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は前日比0.3%高 の3036.74。週間では1.8%上げた。

中国市場は春節(旧正月)の連休で2月2日から8日まで休場と なる。

【インド株式市況】

インド株式相場は3営業日続落。このまま推移すると指標のセン セックス30種株価指数の月間下落率は2008年以降で最大となる。J SWスチールの予想を下回る決算を受け、物価上昇に伴い企業利益が 損なわれるとの懸念が高まった。

インド3位の鉄鋼メーカー、JSWスチールは下落し、1年2カ 月ぶりの安値。原材料コストの上昇で昨年10-12月(第3四半期)利 益が前年同期比32%減少したことが響いた。今週のインド準備銀行 (中央銀行)による利上げが影響し、国内最大の不動産会社、DLF は09年4月以来の安値に下落した。

ムンバイ証券取引所のセンセックス30種は前日比288.46ポイン ト(1.5%)安の18395.97と、昨年9月以来の安値で終了。月間では 10%値下がり。主要な株価指数は前日に200日移動平均線を下回って いる。

JSWスチール(JSTL IN)は6.9%安の896.4ルピー。DLF(DLFU IN)は7.2%下げ222.3ルピーとなった。国内最大のトラックメーカ ー、タタ・モーターズ(TTMT IN)は3.8%安の1150.3ルピーで引け た。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比31.20ポイント(0.7%)安の4774.90。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比7.14ポイント(0.3%)安の2107.87。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比43.02ポイント(0.5%)高の9145.35。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比9.86ポイント(0.3%)高の3229.69。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比5.07ポイント (0.3%)安の1521.89。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比4.88ポイント(0.5%)安の981.83。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比27.01ポイント(0.8%)安の3487.61。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比20.15ポイント(0.5%)安の3970.34。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE