米財務長官:景気拡大、失業率の低下には弱過ぎる

ガイトナー米財務長官は、米 国の景気拡大ペースについて、失業率の低下や財政赤字の削減には 依然として弱過ぎるとの認識を示した。

同長官はスイスのダボスで開催中の世界経済フォーラム(WE F)年次総会で、「現在では信頼感が一段と高まっており、景気拡 大は持続している」とした上で、「急拡大ではない。失業率を急速 に低下させられるような拡大ペースではない」と加えた。

米公共放送PBSテレビの番組「チャーリー・ローズ」でのイン タビューでガイトナー長官は、1兆5000億ドル(約123兆4000 億円)に達すると見込まれる財政赤字について「持続不可能」だとし ながらも、財政赤字の性急過ぎる削減で景気回復を脅かすことになれ ばそれは誤った政策だと指摘した。また州財政への圧力は「弱まりつ つあり、強まってはいない」としたほか、政府管理下にある住宅金融 会社の将来に関する計画について近く概要をまとめると述べた。

米国外に関しては、一部の新興国についてドルとの連動性を弱め ることが可能だとしたほか、ユーロ加盟国の「結束は維持される」と 信頼感を表明した。向こう数年は財務長官にとどまるかとの質問に対 しては、「そう望まないと言ってみたいところだが」と前置きした上 で、オバマ大統領が望む限りは現職にとどまるとの姿勢をあらためて 示した。

原題:Geithner Says Growth Still Too Weak to

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE