IMF特別顧問の朱民氏:世界の不均衡、今年悪化も-中国の輸出増で

米景気拡大が再び中国の輸出増 大をもたらすことから、世界経済の不均衡は今年悪化する可能性があ るとの見解を、国際通貨基金(IMF)特別顧問の朱民氏が明らかに した。

朱氏は27日、スイスのダボスでブルームバーグテレビジョンの インタビューに応じ、中国は「輸出主導型成長モデルから内需主導型 への転換」の取り組みを強力に推し進める必要があると述べた。

世界の首脳は、経済の不安定性や金融危機の再発につながりかね ない貿易や支出、貯蓄の歪みを修正しようと努めている。サルコジ仏 大統領は今週パリで、不均衡は「拡大」しており、危機に陥る頻度は 一段と高まっていると語った。

中国人民銀行(中央銀行)の副総裁も務めていた朱氏は、中国の 貿易黒字の対国内総生産(GDP)比が2007年の約10.8%から10 年に約4.2%まで低下したことは前進を示していると発言。ただ、米 国の「極めて力強い」成長が中国の輸出を押し上げ、「その結果、世 界の不均衡は一段と悪化し得る」と指摘した。

ブルームバーグが今月集計したエコノミスト71人の予想中央値 によると、米国の今年の成長率は3.1%の見込み。

朱氏は、国内消費の拡大が「中国の国内政策の主要課題だ」と述 べた。また、インフレ圧力抑制の重要性も指摘し、住宅市場は「かな り熱くなっている」とした。

--Paul Panckhurst, Francine Lacqua. Editors: Paul Panckhurst, John Liu.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事についての記者への問い合わせ先: Paul Panckhurst at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE