トゥンペルグゲレルECB理事:金融市場は格付け会社に過度に依存

欧州中央銀行(ECB)のトゥン ペルグゲレル理事は、金融市場は格付け会社への依存を減らす必要が あるとの認識を示した。

同理事は27日にドイツ・マインツで行った講演で、「ボラティリ ティ(変動性)は非銀行セクターと格付け会社によって増幅されてお り、問題と考えている」と言明。「そのため、金融市場の格付け会社へ の依存を減らすことを目標とすべきだ」と語った。

ECBの政策当局者は、信用格付けの引き下げが高債務国のリス クプレミアム上昇につながることから、格付け会社のプロシクリカル (景気循環増幅的)なアプローチに懸念を抱いている。

トゥンペルグゲレル理事は、各国政府による資本市場活用を助け るためには、構造的な弱点を軽減する「断固たる行動」と「明確な目 標」が必要だと強調。「積極的な対応と改革の推進を実行できるのは政 府だけだ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE