藤井官房副長官:国債市場は全然動いていない、格下げ(Update1)

藤井裕久官房副長官は28日午前の 閣議後会見で、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S& P)が日本の外貨建て・自国通貨建ての長期ソブリン格付けを「ダブ ルA」から「ダブルAマイナス」に引き下げたことについて、国債市 場は「全然動いていない」と指摘した。菅直人首相が「そういうこと に疎い」と発言したことについてはその時点で情報が入っていなかっ たためと強調した。

藤井氏は今回の格下げについて「世界の代表的な格付け会社の格 付け」との認識を示した上で、「日本の政府としても財政の健全化が非 常に大事だという認識をより一層深めて、これを謙虚に受け止めなけ ればいけない」と語った。

また、社会保障・税一体改革の後押しになるとの見方については 「そういうサポートだというような受け止め方ではなく、日本の政府 が今課題に乗せているこの問題は、積極的にやっていかなければなら ないと考えている」と指摘。「ボンド市場は全然動いていない。このこ とは頭の中に入れておいていいことだ」とも述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE