日本株は反落、資源や輸出中心売り-国債格下げ影響じわり

日本株相場は反落。原油など海外 商品市況の下落を受け、鉱業や非鉄金属、海運など資源関連株が安く、 電機など輸出関連株も売られた。また、米格付け会社による日本の長期 国債格下げの影響で銀行株が下落したのをはじめ、証券、不動産といっ たこれまでの上昇相場をけん引してきた業種の下げも目立った。

TOPIXの終値は前日比9.97ポイント(1.1%)安の919.69、 日経平均株価は同118円32銭(1.1%)安の1万360円34銭。東証1 部33業種はゴム製品、機械を除く31業種が安い。

ばんせい投信投資顧問の廣重勝彦調査部長は、「昨秋から上昇して きたため、調整してもおかしくはない。中国は旧正月入りする上、新興 国の金融引き締めも警戒されており、上値は追いにくい」との見方を示 した。米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)によ る日本国債の格下げに関しては、「これをきっかけに、世論が増税の流 れに傾いてしまうとマイナスだ」と話している。

きょうの日本株は徐々に下げ幅を拡大。シカゴ先物市場(CME) の日経平均先物3月物(円建て)の27日清算値は、同日の大阪証券取 引所の通常取引終値を20円上回り、米株式相場も終値で高値を更新し ていたものの、週末を控えた日本株は終日売り圧力に押される展開とな った。きっかけの1つが、S&Pによる日本国債の格下げだ。

海外勢買い鈍化への懸念も

S&Pは27日、日本の外貨建て・自国通貨建ての長期ソブリン格 付けを「AA(ダブルA)」から「AA-(ダブルAマイナス)」に1 段階引き下げた。財政問題などを格下げ理由としている。立花証券の平 野憲一執行役員は、「日本株にとって格付け引き下げは織り込み済み」 としながらも、「12週連続で買い越した海外投資家の買い一服のきっ かけになる可能性はある」と指摘していた。

国債を大量に保有する銀行株が安く、銀行指数がTOPIXの下落 寄与度1位。TOPIXが直近安値を付けた昨年11月2日から直近高 値の1月13日までの業種別上昇率上位は、1位証券(35%)、2位石 油・石炭製品(28%)、3位その他金融(28%)、4位銀行(25%)。 11月以降の上昇相場をけん引したこれら金融や資源株がきょうの下落 率上位に並んだ。資源株については、ニューヨーク原油先物が27日の 取引で1.9%安と反落したことも、売り要因の1つとなった。

新興国の金融引き締め懸念を背景にした前週後半の大幅安を受け、 今週は戻りを試したが、結局その下げ分を埋め切れず、上値の重さを感 じる1週間となった。東証1部の騰落状況は値下がり銘柄数1318、値 上がり263。売買代金は1兆5589億円と前日から6%増えた。

アドテストやフォスタ電急落、富士電やコマツ高い

国内企業の決算発表が本格化する中、個別銘柄を選別投資する動き が強まった。これまで未発表だった2011年3月期の連結業績予想を示 し、営業利益が市場予想に届かなかったアドバンテストが急反落。生産 人員増で、昨年4-12月期の連結純利益が前年同期比26%減となった フォスター電機も急落した。

貸倒引当金の計上で、11年6月期の連結純利益が一転して減益予 想となったアルバックは反落。国内のIT投資の回復遅れなどが響き、 昨年10-12月期の連結純損益が265億円の赤字に拡大したNEC、10 年10-12月期業績が市場予想を下回ったキヤノンも安い。

半面、10年10-12月期に費用削減効果などから連結営業黒字を確 保した富士電機ホールディングスが反発。今期利益計画を増額したコマ ツは続伸した。計器関連の売上高増加で、今期営業利益予想が減益から 増益に一転した東光電気、午後2時30分に11年3月期業績予想の上方 修正を発表した日本精線も高い。

国内の新興市場はまちまち。東証マザーズ指数は前日比2.4%高の

470.94、ジャスダック指数は同0.4%安の54.26。

個別では、光通信と資本・業務提携してスマートフォン(多機能携 帯端末)事業に参入すると発表した新星堂がストップ高(値幅制限いっ ぱいの上昇)。高価格帯の基幹パーツなどが好調で11年3月期の利益 予想を上方修正したMCJが高く、10年10-12月期の連結営業利益が 前年同期比68%増となったサイバーエージェントも急騰した。半面、 みずほ証券が投資判断を「ニュートラル」に引き下げたテラが続落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE