欧州周辺国、正常な成長回復には10年を要する-IMF調査局長

【記者:Joshua Zumbrun】

1月27日(ブルームバーグ):国際通貨基金(IMF)の調査局長、 オリビエ・ブランシャール氏は27日、欧州周辺国の一部が財政再建で 「非常に厳しい」時期を経て正常な成長軌道に復帰するまでには10年 を要するとの見通しを示した。

ブランシャール氏は米マサチューセッツ工科大学(MIT)で開 催された経済シンポジウムで講演し、「これらの国がマクロ、財政の両 面で経験せざるを得ない調整プロセスは3年や5年では終わらず、実 際に健全性を取り戻すまで恐らく10年はかかるだろう」と述べた。

同氏はこの見通しの対象となるのは「もちろんアイルランドとギ リシャで、スペインとポルトガルもそう遠からず当てはまる」と述べ た。

また、財政再建に必要な措置はたやすいものではないだろうと指 摘。「最初の期間は非常に厳しいものとなる」とした上で、「恐らくマ イナス成長といった逆風下での財政再建となるだろう」と予想した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE