【主要朝刊】国債格下げ、「疎い」首相、ホンダ・旭硝子・オリランド業績

朝刊各紙の主なニュースは以下の 通り。

【各紙】 ▽日本国債一段格下げ、民主政権を不安視-S&P ▽菅首相「そういうことに疎いので」-国債格下げに ▽中国:高額物件対象に不動産税-バブル抑制へ試験実施 ▽公明「公約修正なら解散を」-代表質問

【日経】 ▽ホンダ:4-12月営業益2倍-新興国・北米が好調 ▽旭硝子:10年12月期営業益2.7倍の2300億円程度 ▽オリランド:10年4-12月期経常益44%増の560億円前後 ▽三井住友FG、三井住友銀:2会長が代表権返上へ ▽東京海上日動:イスラム金融の合弁解消-三井住友海上に売却 ▽三越伊勢丹合併の新会社社長に伊勢丹・大西氏 ▽ヤマトHD:アジア宅配網拡大-10以上の国・地域に進出 ▽外資系証券:日本株業務を拡充-企業調査やM&A支援

【朝日】 ▽首相「疎い」発言で論戦は必至、野党議員「攻勢かける」-格下げ ▽レノボ:PC市場で攻勢、シェア拡大「国家目標」-NECと合弁

【読売】 ▽NEC:国内首位死守狙う、レノボ提携「相乗効果」 ▽携帯ゲーム機、高性能対決-「PSP」後継VS「3DS」

【毎日】 ▽「悪い物価上昇」じわり、資源・穀物高-消費低迷、悪循環の恐れ ▽サントリー創業家で大株主の鳥井春子さん死去

【産経】 ▽北方領土「自由貿易圏」、ロシア「第3国誘致も」-実効支配強化か

【東京】 ▽金正男氏:北朝鮮が核放棄する可能性低い-単独インタビュー

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE