NY綿花:値幅制限いっぱいの上昇、最高値更新-中国の需要急増で

ニューヨークの綿花相場は過去最 高値に達した。世界最大の消費国である中国の需要が急増し、生産が 追い付かない状況になっている。

中国の輸入が2006年以来の高水準に達する一方、天候不順の影 響で世界の生産が減少したため、相場は過去1年間で2倍以上に上昇 している。欧州2位の衣料販売会社、スウェーデンのヘネス・アンド・ マウリッツ(H&M)が27日発表した2010年9-11月(第4四半期) 決算は、綿花コストの上昇による利ざや縮小などを背景に、利益の減 少幅がアナリスト予想を上回った。

FCストーン・ファイバーズ・アンド・テキスタイルズ(テネシ ー州)のリスク管理担当シニアコンサルタント、アンディー・ライア ン氏はリポートで「中国の需要が基本的な支援材料になっている」と 指摘。「繊維メーカーによる買い戻しが入っている」との見方を示し た。

ICEフューチャーズUSの綿花先物3月限は、前日比2.56セ ント(1.5%)高の1ポンド当たり1.6939ドル。一時は値幅制限いっ ぱいの6セント上昇し、最高値の1.7283ドルに達した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE