ソニー:「ゲームのルール」を転換-TVに続き米グーグルと手組む

ソニーは27日、ゲーム戦略の転換 を示した。米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」端末にゲ ームを配信するサービスを、年内をめどに開始すると発表。これは昨年 のテレビでの提携に沿った流れ。他社製品への配信はソフトを集め自社 ハードに提供する任天堂や米マイクロソフトとは一線を画する動きだ。

MFグローバルFXA証券のアナリスト、ジェイ・デフィバウ氏は ソニーの動きの背景には「過去数年間にわたるゲーム市場の変化」があ ると分析。「任天堂とは面白いコントラストを成している」と評する。

ゲーム業界では、携帯音楽プレーヤーなどでソニーをリードする米 アップルの 「iPhone」や、アンドロイド端末に代表されるスマ ートフォン(多機能携帯電話)向けの手軽なソフトの存在感が急上昇。 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)世界最大手の米フ ェースブックなどを経由し、端末を問わず浸透していく例が目立つ。

ソニー米国法人のトップであるジャック・トレットン氏は27日、 都内でのブルームバーグとのインタビューで、アンドロイド端末への配 信には、こうした「カジュアルゲーム」の世界にソニーの「プレイステ ーション」ブランドを生かし参入する狙いがあると説明した。

一方、任天堂は2月末に発売予定の新携帯機「3DS」で巻き返す 方針。岩田聡社長は9日のブルームバーグとのインタビューでオリジナ ルのソフトなど「自分たちのIP(知的財産権)」を、任天堂の「ハード 以外に出すことは、私が社長をやっている限り絶対にない」と断言。ソ フトとハードの「仕掛けごと自分たちで作り、提案する」挑戦を続ける 意向を強調していた。

グーグルは昨年5月、インターネット上の動画などをテレビで視聴 可能にするソフト「グーグルTV」を発表。ソニーはいち早く昨秋に米 国で、同ソフトを搭載したテレビを発売した。今回は逆にソニーがグー グル側へ、ゲームというコンテンツ(情報の中身)を提供する。テレビ 向けではアップルも、同種の接続機器「アップルTV」を販売中だ。

--取材協力 Pavel Alpeyev  Editor: Tetsuki Murotani

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 駅 義則 Yoshinori Eki +81-3-3201-3422 yeki@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京   大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京  Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

Satoru Iwata Kazuo Hirai

種類別ニュース NI GAMES NI TEC NI WRLS NI RET NI CONS NI COS NI KIGYO NI ELE NI MED NI JAPAN NI ASIA NI FRX NI INTERNET

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE