財務相:財政健全化で市場の信認を-S&P格下げで

野田佳彦財務相は27日夜、米格付 け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)による日本の長期 国債格下げを受け、財政健全化へ向けたメッセージを出し、市場の信 認を得ることが重要だと述べた。財務省内で記者団に対し話した。

財務相は「予算と関連法案の年度内成立や6月までに社会保障と 消費税含む税制の抜本改革などの既定のスケジュールがある」とした 上で、「そういうものを通じて結果を出すことで財政健全化の道筋を日 本がたどろうとしている、財政規律を守るというメッセージをそのつ ど出すことが大事だし、市場の信認を得ることが重要だ」と語った。

また、衆参両院で与野党勢力が逆転している「ねじれ国会」によ って政策の実現が難しいとの見方が格下げの要因になったかとの質問 に対しては、「結果を出すことだ」と述べるにとどめた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE