菅首相:コメント控える、S&Pの日本格下げ

菅直人首相は27日夕、米格付け会社 スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が日本の外貨建て・自国通 貨建ての長期ソブリン格付けを「ダブルA」から「ダブルAマイナス」 に引き下げたことについて、初めて聞いた、改めてにしてほしいと述 べ、コメントを控えた。官邸で記者団に語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE