NECとレノボ:パソコンで合弁設立-新株145億円引き受け

中国パソコン最大手のレノボ・グル ープ(聯想集団)と国内パソコン最大手のNECは27日、日本におけ るパソコン事業で提携すると発表した。レノボが51%、NECが49% を出資して合弁持ち株会社を設立する。新会社設立にあたり、NECは レノボの新規発行する1億7500万ドル(約145億円)相当の株式を引 き受ける。レノボの資本の2%に当たる。

両社は6月中に合弁持ち株会社「NECレノボ・ジャパングループ」 を発足。傘下には、NEC100%子会社のNECパーソナルプロダクツ (東京・品川)のパソコン事業を分離して設立する新会社のNECパー ソナルコンピュータ、レノボ・ジャパン(東京・港)を置く。

新合弁会社では、現NECパーソナルプロダクツの高須英世社長が 社長に、現レノボ・ジャパンのロードリック・ラピン社長が会長に就任 する予定。引き続きNEC、レノボ両社のブランドを維持する。それぞ れの製品ブランドの販売・保守も従来通り既存のルートで継続する。

両社でパソコンの開発や生産、資材・部品調達を一体化し、規模を 拡大することでコスト低減を図る。レノボの調達力を生かして製品の商 品力、価格競争力を高める狙い。両社はパソコン事業のほか、タブレッ ト端末などの開発・生産・販売に関する協力やIT(情報技術)プラッ トフォーム製品の販売協力などについても今後、検討する。

レノボグループのユアンチン・ヤンCEO(最高経営責任者)とN ECの遠藤信博社長は同日夜、都内ホテルで会見した。遠藤社長は「パ ソコン分野での提携を第一歩としてグローバルなITビジネスの拡大 を加速する」とし、ユアンチンCEOは「世界3位のパソコン市場であ る日本に今後も投資し、長期的に強化する」と述べた。

さらに遠藤社長は、両社の生産体制や販売網などについて「短期的 には現状のまま維持するが、長期的には効率的なものに高めたい」とし た。また、「現時点では他の部分での提携は明確にされていない」と前 置きした上で、将来的にはスマートフォン(多機能携帯端末)の開発や NECの中国展開などでも協力する可能性を示唆した。

NECはパソコンだけの業績を公表していないが、売上高は09年 度実績で約2000億円規模。携帯電話端末、パソコンやその他商品で構 成されているパーソナルソリューション事業は、11年3月期の売上高が 前期比13%増の8300億円、営業利益が同15%減の160億円を計画。

米調査会社IDCによると、NECは国内パソコン出荷市場では 2009年実績でシェア首位の18.2%だが、世界では0.9%と12位にとど まっている。一方、レノボは世界シェアで8.2%と4位。全世界で約2490 万台のパソコンを販売し、約260万台のNECと比べて10倍近い。た だ日本でのシェアは4.5%と8位に甘んじている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE