中国株(終了):続伸、1週間ぶり高値-自動車や産銅株買われる

中国株式相場は続伸。産銅株や自 動車株がけん引した。投資家は世界経済の回復の恩恵を受ける銘柄を物 色する一方、中国政府の不動産抑制策の影響を受ける銘柄を回避した。

銅生産で中国最大手の江西銅業(600362 CH)は1週間ぶりの大幅 高。米新築住宅販売が市場予想を上回り、銅相場が上昇したことが手掛 かりとなった。重慶長安汽車(000625 CH)を中心に自動車株も高い。 2010年通期の純利益が増加したもようだとの発表が好感された。時価 総額で業界最大手の上海汽車集団(SAICモーター、600104 CH)は

2.8%高。

一方、中国最大の不動産会社、万科企業(000002 CH)は2.5%、 同2位の保利房地産集団(600048 CH)は4.3%それぞれ値下がり。政 府が2軒目の住宅購入時の最低頭金比率を引き上げたことがマイナス材 料。

上海証券のストラテジスト、ツ・ジュン氏は「中国の成長見通しが 企業収益をめぐる投資家の信頼感を押し上げた」と述べた上で、「この 数週間で過度に下げたため、相場は反発に向かいやすい」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比40.34ポイント(1.5%)高の2749.15で終了。 上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は同1.6%高の

3026.47。

春節の連休で中国市場は2月2日から8日まで休場となる。

--Irene Shen. Editors: Allen Wan, Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Irene Shen in Shanghai at +86-21-6104-3049 or ishen4@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE