スウェーデンのH&M:純利益11%減-原料コスト響く(Update1)

欧州衣料小売り2位、スウェーデ ンのヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)の2010年9-11月(第 4四半期)決算は、純利益が前年同期比11%減となり、綿花のコスト 上昇が響き市場予想にも届かなかった。

同社が27日発表した決算資料によれば、純利益が54億9000万ス ウェーデン・クローナ(約704億円)と、前年同期は61億5000万ク ローナから減少。ブルームバーグがまとめたアナリスト15人の予想平 均(59億8000万クローナ)も下回った。売上高は15%増えた。

綿花最大の買い手である中国での需要拡大ペースに世界生産が追 いつかないとの懸念から、綿花は昨年、大きく値上がりした。カール ヨハン・パーション最高経営責任者(CEO)は資料で、「H&Mは状 況の変化に適応しなければならない」と指摘した。

今年1月の売上高は現地通貨建てで9%増加。昨年12月は8%増 だった。今年は250店舗の開店を予定しているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE