台湾TSMCの10-12月:25%増益、予想以上-増収寄与(Update1)

半導体ファウンドリー(受託生 産)世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の2010年10-12 月(第4四半期)決算は、純利益が前年同期比25%増と、市場予想 を上回る増益となった。売上高が増加した。

同社が27日発表した決算資料によれば、純利益は407億台湾ド ル(約1150億円)と、前年同期の327億台湾ドルから増加。ブルー ムバーグがアナリスト21人を対象にまとめた予想平均値は、385億 台湾ドルだった。

TSMCや同社顧客企業の米クアルコムや米エヌビディアなど はスマートフォン(多機能携帯端末)やパソコン、エレクトロニク ス家電の需要拡大が追い風になっている。

KGIセキュリティーズ(台北)のリッキー・リウ氏は、「スマ ートフォンとグラフィクスが10-12月期にTSMCのけん引力と なった。どちらも人気商品だ」と述べた。同氏のTSMC株投資判 断は「アウトパフォーム」。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE