豪ドル:下落、洪水復興に伴う一時課税を嫌気-成長押し下げも懸念

27日の外国為替市場で、オース トラリア・ドルは下落。ギラード豪首相が、洪水後の復興コストを 賄うため大半の所得者に一時的な課税を実施すると発表し、同国資 産への需要が減退した。

豪ドルは対円でも下落。同首相が洪水に伴う被害は推計56億豪 ドル(約4580億円)で、国内総生産(GDP)を約0.5ポイント押 し下げると発言したことが響いた。一方、ニュージーランド(NZ) ドルは1週間ぶりの高値圏付近で推移している。NZ準備銀行(中 央銀行)が、景気の先行指標は安定しており、商品の輸出価格が上 昇したと表明したことを好感した。

豪ドルはシドニー時間午後1時2分(日本時間午前11時2分) 現在、1豪ドル=0.9953米ドルに下落。前日のニューヨーク時間は

0.9993米ドルだった。対円では0.5%安の1豪ドル=81円75銭。

NZドルは1NZドル=0.7707米ドル。政策金利の発表前は

0.7656米ドルだった。一時0.7747米ドルと、19日以来の高値を付 けた。対円では1NZドル=63円33銭。前日NYは63円50銭だ った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE