アジア株:4日続伸、世界回復への信頼高まる-中国招商局国際が高い

【記者:Shani Raja、Norie Kuboyama】

1月27日(ブルームバーグ):27日のアジア株式相場は4営業日 続伸。米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後の声明で景気刺激策 を維持する方針が示されたほか、同国の新築住宅販売件数がアナリス ト予想を上回り、世界景気の回復に信頼感が高まった。

キヤノンは上昇。中国の港湾運営会社、中国招商局国際は香港市 場で7%高。金属相場上昇を受けて、世界3位の鉱山会社、英オース トラリア系リオ・ティントは0.6%値を上げた。韓国3位の製油会社、 Sオイルはソウル市場で急伸し、12%高。2010年10-12月(第4四 半期)が前年同期比で黒字に改善した。

トヨタアセットマネジメントの浜崎優チーフストラテジストは、 米経済の先行きは明るいとみる人が増えていると指摘。企業業績に関 する信頼感が高まっていると語った。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後4時2分現在、前日比

0.5%高の139.01。指数構成銘柄のうち、値上がりと値下がりの割合 は約3対2。10業種別指数のうち、工業、エネルギー、消費関連が上 昇率上位。

日経平均株価は前日比76円76銭(0.7%)高の1万478円66銭 で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE