NY原油先物時間外:下げに転じる-在庫増が景気見通し改善を相殺

ニューヨーク原油先物相場は27 日の時間外取引で下げに転じた。米原油在庫増が景気見通し改善の兆し を相殺した。

前日の通常取引は1.3%上昇。上昇率は過去2週間で最大。米商務 省が発表した12月の新築一戸建て住宅販売が予想を上回った。27日に 発表される耐久財受注も、ブルームバーグ・ニュースの調査によると増 加が予想されている。先週の原油在庫は予想を4倍上回る増加となった 一方、需要は減少した。

エネルギーコンサルティング会社パービン・アンド・ガーツ(シン ガポール)のシニアプリンシパル、ビクター・シャム氏は「価格に関す る限り、横ばい状態になっている。景気楽観論と比較的弱い需給面の綱 引きになっているようだ」と述べた、

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限はシンガ ポール時間午後1時1分(日本時間同2時1分)現在、22セント (0.3%)安の1バレル=87.11ドルで推移している。一時は0.4%上 昇していた。前日の通常取引は1.14ドル高の87.33ドル。

-- With assistance from Chrsitian Schmollinger in Singapore and Ben Sharples in Melbourne Editors: Alexander Kwiatkowski, Clyde Russell

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 淡路毅 Takeshi Awaji +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net Editor: Hiromi Horie 記事に関する記者への問い合わせ先: Yee Kai Pin in Singapore at +65-6311-2472 or kyee13@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Clyde Russell at +65-6311-2423 or crussell7@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE