米USエアウェイズ10-12月:利益が市場予想上回る-運賃上昇寄与

米航空会社USエアウェイズ の 2010年10-12月(第4四半期)決算は、アナリスト予想を上回る 黒字となった。平均運賃の上昇や、預け入れ荷物などのサービス手 数料引き上げが寄与した。

同社の26日の発表資料によると、純損益は2800万ドル(約23 億円)の黒字と、前年同期の7900万ドルの赤字から改善した。1株 当たりでは17セントの黒字となり、ブルームバーグが集計したアナ リスト12人の予想平均(6セントの黒字)を上回った。前年同期は 49セントの赤字だった。

USエアウェイズを含む航空各社は航空運賃以外の収入を伸ば すため、オプションのサービス・商品販売を拡充させている。同社 の主力であるジェット機事業の有償旅客マイルは6.6%増加し、1 マイル当たりの平均運賃は4.1%伸びた。10-12月期決算が黒字と なったのは06年以降で初めて。

売上高は11%増の29億1000万ドルとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE