英HSBC銀行員、顧客のインド銀行口座隠しをほう助-関係者

【記者:David Voreacos】

1月26日(ブルームバーグ):米ニュージャージー州在住の事業 家がインドにある自分の銀行口座を米内国歳入庁(IRS)から隠す のを英銀HSBCホールディングスの社員5人がほう助したことが、 起訴状と事情に詳しい複数の関係者の話で分かった。

ニュージャージー州ニューアークの米連邦地裁に26日提出され た起訴状によると、ベイバブ・ダヘイク被告は「世界有数の国際的な 銀行」の社員と共謀した。米司法省は共謀相手を特定していないとし て同関係者が匿名を条件に語ったところでは、その銀行はHSBCだ という。

ダヘイク被告は、インドに銀行口座がある顧客の資産隠しをHS BCが手助けしたかに関する捜査で起訴された最初の納税者。共謀し たとされる銀行員は、2人がニューヨーク、1人がカリフォルニア州、 2人がインド勤務だった。同被告は最長5年の禁固刑を受ける可能性 がある。

HSBCの広報担当者、フアニータ・グティエレス氏(ニューヨ ーク在勤)は電子メールで配布した発表文で、「HSBCは脱税を許 さず、米納税者による適切な納税を促す米当局の取り組みを全面的に 支持する」と指摘。「従業員の不正行為疑惑すべてを積極的に調査し、 就業規則違反が判明した場合は適切な措置を講じる」と説明した。

ダヘイク被告の弁護士、ローレンス・ホーン氏は発表文で、「米 検察当局と司法省がダヘイク氏の起訴を決めたことは極めて遺憾だ」 とした上で、有罪が確定するまで同被告は「推定無罪」だと強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE