日本株反発、米景気期待で輸出高い-ファナック決算後高値

日本株相場は反発。米金融政策当 局による緩和姿勢の継続を受け、米国景気の先行きに対し楽観的な見 方が広がった。電機や輸送用機器、機械など輸出関連株が上昇。海外 商品市況の反発を好感し、鉱業や卸売など資源関連、鉄鋼など素材関 連も高い。国内企業の決算発表が本格化し、増益のファナックは発表 後に一段高となり、52週高値を更新した。

TOPIXの終値は前日比7.02ポイント(0.8%)高の929.66。 日経平均株価は同76円76銭(0.7%)高の1万478円66銭。東証1 部33業種は27業種が上昇、6業種が下落。東証1部の売買代金は1 兆4659億円と、前日比で19%増えた。

農林中金全共連アセットマネジメント運用部の中村一也次長は、 「新興国による利上げが懸念されているが、業績改善が続くため、大 きな値幅調整にならないだろう」と予想。米量的緩和第2弾(QE2) が新興国のインフレ要因になっているとの見方から、「QE2の巻き戻 しが懸念されたが、連邦公開市場委員会(FOMC)で緩和措置維持 が全員一致で決定され、ポジティブだった」と話した。

きょうの日本株は朝方から買いが先行、新興国の利上げ懸念によ る前週後半の大幅安を取り戻す動きとなった。東証1部の値上がり銘 柄は1053と、値下がりの463を上回った。米連邦準備制度理事会(F RB)は26日のFOMC終了後に声明を発表、金融量的緩和措置の維 持を強調し、前日の米ダウ工業株30種平均は一時2008年6月以来の 1万2000ドル台を回復した。米景気期待、株高を追い風に日本株にも 投資資金が流れた。

金融緩和の縮小には不十分

FOMC終了後の声明によると、6月にかけて6000億ドルの国債 を購入する方針を維持した。米金融当局は景気回復が加速している兆 候が表れているとしながらも、高い失業率の引き下げを目指した金融 緩和措置を縮小させるには不十分、との認識を示した。また、新興国 の相次ぐ利上げで調整入りしていたニューヨーク商業取引所(NYM EX)の原油先物3月限も、前日の取引では1.3%高と反発。銅や金 先物相場も上昇した。

東京市場では、米国の景気期待や株高、商品市況高の動きを好感 し、東証33業種の値上がり率上位には鉱業や機械、鉄鋼、輸送用機器、 ガラス・土石製品など輸出、資源、素材関連が並んだ。鉄鋼株には、 車用鋼板の海外生産を倍増させ、現地生産で世界的に拡大する環境車 需要を取り込む、と27日付の日本経済新聞で報じられた新日本製鉄な ど大手メーカーに材料があった。

株価指数は、午前終盤に伸び悩む場面が見られたものの、午後は 再度盛り返す展開。「個人を中心に利益確定が出ているようだが、主力 株はしっかりしている」と指摘した岩井証券イワイリサーチセンター 長の有沢正一氏は、今後は「決算発表を受けた個別選別の動きになろ う。決算発表後は、1月の米雇用統計の内容次第」と見ている。

ファナックやグリー高い、日立国際やりそな安い

個別では、中国などアジア市場向けが好調で、10年4-12月期の 連結営業利益が前年同期比5.1倍になったと午後1時に発表したファ ナックが大幅続伸し、07年7月以来の高値を更新した。システムイン テグレーション事業の利益率改善などで、4-12月の連結営業利益が 前年同期比5.5%増となったシンプレクス・ホールディングス、中国 最大のインターネットサービス企業と業務提携するグリーが大幅高。

また、新興国のデジタル家電の需要増などを受け、10年4-12 月の連結営業利益が前年同期比28%増となった日立化成工業、プラン ト事業の利益率向上などで、11年3月期の営業利益が上振れるもよう と27日付日経新聞で伝えられた三菱重工業も高い。

半面、下落業種はパルプ・紙や海運、医薬品など。個別では、通 信・情報システム分野での投資抑制などの影響で、11年3月期の連結 営業損益予想を従来の75億円の黒字から45億円の黒字に下方修正し た日立国際電気が急落。一部不採算案件の影響から、11年3月期の業 績予想を減額したアルファシステムズも4日ぶりに大幅反落した。

また、りそなホールディングスが公募価格440円下回る下落とな り、取引時間中の上場来安値を更新した。りそなHDは、前日に公募 一般募集が締め切られ、31日に払込期日を控える。

ジャスダック指数は昨年5月来高値

国内新興市場は上昇。ジャスダック指数は前日比0.1%高の54.46 と小幅ながら4日続伸し、終値で昨年5月以来の高値を更新。東証マ ザーズ指数は同0.2%高の460.02と反発した。個別では、コスト削減 や投資有価証券評価損戻入益の計上などで、11年3月期の純利益が従 来予想比33%増の2億4000万円に上方修正したワットマン、1対2 の株式分割を発表したヤーマンが続伸。大崎エンジニアリングはスト ップ高となった。

半面、IT投資の抑制継続の影響から、11年3月期の連結純利益 を従来比53%減の1億8000万円に下方修正したODKソリューショ ンズが大幅続落。日特エンジニアリング、一建設などが安い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE