韓国ハイニックス:10-12月は83%減益、価格下落が響く

半導体メモリー世界2位、韓国の ハイニックス半導体の2010年10-12月(第4四半期)決算はアナリ スト予想よりも大幅な減益となった。メモリー価格の値下がりや敗訴 による影響が響いた。

27日の当局への届け出によると、純利益は1101億ウォン(約81 億円)と、前年同期の6568億ウォンから減少。ブルームバーグが過去 28日間にまとめたアナリスト8人の予想中央値は2290億ウォンだっ た。

パソコン(PC)の需要鈍化に伴い、コンピューター用メモリー の価格は下落した。だが、LIG投資証券のキム・ヨンジュン氏など のアナリストは、コンピューターメーカーによる新モデルの在庫積み 上げに加え、タブレット型コンピューターやスマートフォン(多機能 情報端末)向けの需要増で11年1-3月(第1四半期)には価格が持 ち直す可能性があるとみている。

ハイニックスの広報担当、パク・ソンエ氏は電話取材に対し、訴 訟に敗れて現代証券に1607億ウォンを支払ったことも利益を損なう 要因となったと説明した。

営業利益は4176億ウォン、売上高は2兆7500億ウォンだった。 いずれも連結ベースの数字。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE