ソニー:プレステ用ゲームをアンドロイド端末に開放へ(Update2)

ソニーは27日、自社ブランドであ る「プレイステーション」用ゲームを、年内をめどに米グーグルの基本 ソフト(OS)「アンドロイド」搭載の携帯端末にも提供すると発表し た。ソニーはグーグルと共同開発したインターネットテレビを米国で発 売しており、連携をゲーム分野にも拡げる。

ゲームなどの事業を統括する平井一夫執行役は同日夕の複数社の インタビューで「携帯端末で気軽にゲームを楽しんでいる人々がこの2、 3年で急増している」と述べ、これまでソニー製のゲーム機に限定して いたソフトを開放することで、スマートフォンやタブレットPC市場拡 大の波に乗り、利用者のすそ野を広げる考えを示した。

平井氏は、昨今の携帯端末の飛躍性能向上で、スマートフォンなど でカジュアルなゲームを楽しむ市場が広がっている、と指摘。その上で、 こうした関連の「ビジネスが大きくなっている」とし、「プレイステー ションとして、どうここに参入していくのかを考え、議論し、出た結論」 と語った。

ゲーム機事業で自前のハードウエアとソフトウエアを開発するに は巨額投資が必要で、回収が困難。今期(2011年3月期)に同事業は5 期ぶりに黒字化する見込みだが、従来の自前主義を転換し、グーグルと 組むことでオープンな開発環境を整え、多くのユーザー獲得を狙う。グ ーグルの広報担当者、ジェニー・ジョンソン氏はコメントを控えた。

新型機、年末に発売-3Gに対応

同時に、ソニーは次世代の携帯ゲーム機を年末に発売すると発表。 コードネームは「NGP」とする。従来のPSP(プレイステーション・ ポータブル)で対応している無線LAN(域内通信網)に加え、通信可 能な地域が広い第3世代携帯電話の通信網に初めて対応する。画面は有 機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)のタッチパネルで、サイズは5 インチ。

本体の前面と背面にカメラをつけ、GPS(位置測定情報システム) も内蔵。これらの多機能を可能にする心臓部品のCPU(中央演算処理 装置)には英ARM社の「Coretex-A9」を採用、4つのCPUがさま ざまな情報を高速処理する。平井氏は「プレイステーションとNGPに は補完関係があり、ユーザー層もかなり違う」との見方を示し、両立は 可能との見方を示した。

--取材協力 Pavel Alpeyev  Editors:Tetsuki Murotani

参考画面: 参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 中島三佳子 Mikako Nakajima +81-3-3201-8312 mikako@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

Kazuo Hirai Jack Tretton

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE