米コダックの社債保証コスト上昇-市場予想を下回る決算で

26日のクレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)市場では、米写真用品メーカー、イーストマ ン・コダックの社債保証コストが上昇した。2010年10-12月(第 4四半期)の利益が市場予想を下回ったためで、株価も下落した。

コダックがこの日発表した第4四半期決算は、調整後の1株損益 が37セントの赤字と、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリ スト予想平均(5セントの黒字)に反して赤字となった。米国際貿易 委員会(ITC)は今週、米アップルとカナダのリサーチ・イン・モ ーション(RIM)が自社の特許を侵害したとのコダックの申し立て を退けた。

ラファーティ・キャピタル・マーケットのマネジングディレクタ ー、マーク・カウフマン氏(ニューヨーク在勤)は、「まさにダブル パンチだ」と指摘。「問題はもはや、アップルとRIMに対してだけ ではない。当該特許に関してコダックと交渉している他の企業も様子 見姿勢を取る可能性があるとの連想が働くかもしれない」と述べた。 同氏は、コダック株を保有し、同社株式への投資判断を「買い」とし ている。

CMAによれば、コダックの5年債のCDSスプレッドは109.2 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の971.6bpと、 昨年5月6日以来の大幅上昇となった。

マークイット・グループによれば、北米企業の信用リスクの指標 であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニュー ヨーク時間午後5時10分(日本時間27日午前7時10分)現在、

0.1bp上昇の82.6bpとなっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE