FOMC:市場関係者のコメント-ミラー・タバクのグリーンハウス氏

米連邦準備制度理事会(FRB) は26日の連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に声明を発表し、6 月にかけて6000億ドル(約49億円)の国債を購入する方針を維持し た。金融当局は景気回復が加速している兆候が表れているとしながら、 高い失業率の引き下げを目指した金融緩和措置を縮小させるには不十 分だとの認識を示した。

これについての市場関係者のコメントは以下の通り。

◎ミラー・タバクのチーフ経済ストラテジスト、ダン・グリーンハウ ス氏:

「緩和政策の早期解除に関して市場に存在する懸念は何であれ、 さらに払拭(ふっしょく)されるはずだ」

「インフレとスラック(たるみ)の観点からは、コア物価が大き く動くと心配せずに景気回復を支援するかなりの余地がある」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE