FOMC:市場関係者のコメント-メシロウ・Fのスウォンク氏

米連邦準備制度理事会(FRB) は26日の連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に声明を発表し、6 月にかけて6000億ドル(約49億円)の国債を購入する方針を維持し た。金融当局は景気回復が加速している兆候が表れているとしながら、 高い失業率の引き下げを目指した金融緩和措置を縮小させるには不十 分だとの認識を示した。

これについての市場関係者のコメントは以下の通り。

◎メシロウ・ファイナンシャルのチーフエコノミスト、ダイアン・ス ウォンク氏:

「FRBの独立性を抑制しようとする議会の姿勢はFRB内の結 束をもたらすものだ」

バーナンキFRB議長は「少なくとも今のところ、声明に関して 明らかに統率力を取り戻した」

「議長は、政策変更を正当化するには、現状から大幅な改善が必 要になることを極めて明確にした。今のところ、強い抵抗は受けてい ない」

「FRBは米国のインフレと、商品価格がインフレ誘発に大きな 役割を果たす新興国や欧州のインフレを区別しようとしている。米国 のコア・インフレの減速が示唆しているのは、商品価格の上昇がイン フレよりも需要にとって脅威であることだ。消費者が依然直面してい る制約を考慮すれば特にそうだ」

量的緩和第3弾に関しては「全て経済成長の進路に左右される。 量的緩和策の終了時に株価がどうなるのか、かなり懸念されている。 当局はこの点を注視していくだろう」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE