FOMC:市場関係者のコメント-モーガン・Kのラタジュザック氏

米連邦準備制度理事会(FRB) は26日の連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に声明を発表し、6 月にかけて6000億ドル(約49億円)の国債を購入する方針を維持し た。米金融当局は景気回復が加速している兆候が表れているとしなが ら、高い失業率の引き下げを目指した金融緩和措置を縮小させるには 不十分だとの認識を示した。

これについての市場関係者のコメントは以下の通り。

◎モーガン・キーガンの経済コンサルタント、ドナルド・ラタジュザ ック氏:

「米経済は回復モードにあるようで、非常に脆弱(ぜいじゃく) な状態ではない」

「FRBはこの成長が持続するかどうかを注意深く見守っていく だろう」

「基本的には、当局は2つの分野が依然弱いと認識している。住 宅分野は今、底入れを模索しているところだ。州・地方政府はまだ人 員整理を進めている。このため当局は政策を変更する前に米経済が全 体的にもう少し強くなるのを見極めたいのだろう」

「次回会合では『量的緩和を本当に継続する必要があるのか』と いうことになろう」

「それについて十分な賛成票が集まるのは疑いない。私の推測で は、その会合で多少の反対者が出てくると思う。その後は『6月の後 にどう行動するのか?金利を据え置きながら資産購入については何も しないのか?利上げを検討し始めるのか』というより長期的な問題に なる」

「私は年内の金利変更はないと考えている。金利変更は来年1月 だと思う」

FOMCの投票権を今年持ち回り制で有する4人の地区連銀総裁 は「時間をかけ、他のメンバーとどう対応していくかを考えていくだ ろう」

「米経済が現在の進路を取り続けた場合に、今後数回の会合で反 対意見が出なければ驚きだろう」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE