1月26日の欧州マーケットサマリー:独2年債が1年ぶり高利回り

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3678 1.3681 ドル/円 82.38 82.25 ユーロ/円 112.68 112.54

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 282.47 +2.37 +.8% 英FT100 5,969.21 +51.50 +.9% 独DAX 7,127.35 +68.34 +1.0% 仏CAC40 4,049.07 +29.45 +.7%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.32% +.05 独国債10年物 3.19% +.04 英国債10年物 3.69% +.06

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,328.00 +4.00 +.30% 原油 北海ブレント 97.21 +1.96 +2.06%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は上昇。米景気回復のペース加速が見られるが、米 連邦公開市場委員会(FOMC)は、引き続き景気刺激策を継続する 意向を示すとの観測が広がっている。

ブリュッセルの貴金属リサイクル業者ユミコアは、昨年5月以 来の大幅高。UBSによる株式投資判断の引き上げが好感された。 イタリアの食品会社パルマラットは上昇。一部投資家が既存の取締 役会の人事刷新を模索しているとの報道が手掛かりだった。ドイツ のスポーツカーメーカー、ポルシェと仏自動車ルノーを中心に自動 車株は上昇。オランダの人材派遣大手ランドスタッド・ホールディ ングは4.2%高。クレディ・スイス・グループが株式投資判断を引 き上げたのが強材料だった。

ストックス欧州600指数は前日比0.9%高の282.47で終了。 約1週間ぶりの大幅高だった。

スタンダードチャータード銀行の米エコノミスト、デービッ ド・シーメンス氏(ニューヨーク在勤)は、「FOMC声明は、前回 の会合以降で経済統計に全般的な改善が見られることを指摘するだろ う」と述べ、「緩やかなインフレ環境や高い失業率を理由に、米金融 当局は6000億ドルの国債購入計画を完了させると予想している」と 続けた。

ユミコアは6.4%高。UBSは同社の株式投資判断を「売り」 から「買い」に引き上げた。

パルマラットは5.5%値上がりした。

HSBCホールディングスがポルシェの株式投資判断を「アン ダーウエート」から「オーバーウエート」に引き上げたのが材料と なり、ポルシェは7.1%高。

ルノーは3.3%上昇、バークレイズ・キャピタルが株式投資判 断を「アンダーウエート」から「オーバーウエート」に引き上げた のが好感された。

◎欧州債券市場

欧州債市場では、ドイツ2年債利回りが約1年ぶりの高水準に上 昇。昨年12月の独輸入物価指数が過去29年余りで最大となる年間 の伸びを示したことから、インフレ期待が高まった。

独10年債利回りは8カ月ぶり高水準まで1ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)未満となった。ドイツ連邦統計局が発表 した12月の独輸入物価指数は前年同月比12%上昇した。スペイン 国債は続落。同国の住宅ローン承認件数が減少したほか、格付け会社 フィッチ・レーティングスがスペインによる銀行の自己資本規制強化 について、投資家の信頼回復につながるかどうかは「依然として不透 明」だと指摘したことが影響した。独30年債は下落。同年債の入札 では、応札が20億ドルの供給額に満たなかった。

ロイズ・コーポレート・バンクの金利ストラテジスト、エリッ ク・ワンド氏は、独輸入物価の統計について、「インフレが輸入され ているのではないかという懸念を裏付ける新たな実例だ」と指摘。 「独国債の環境にとって悪材料だ」と述べた。

ロンドン時間午後4時26分現在、ドイツ2年債利回りは前日比 6bp上昇の1.32%。一時は1.33%と、昨年1月5日以来の高水 準を付けた。同国債(表面利率1%、2012年12月償還)価格は

0.095ポイント下げ99.420。ドイツ10年債利回りは4bp上昇 の3.18%。

◎英国債市場

英国債相場は下落。イングランド銀行(英中央銀行)が26日公 表した金融政策委員会(MPC)の議事録で、インフレ率が目標を上 回る状況が続く中で2人の委員が利上げを主張したことが明らかにな った。

13日開催のMPCの議事録によれば、ウィール委員がセンタン ス委員と共に利上げを主張した。また、MPCはインフレリスクが上 向いたとの認識で一致したという。

インベステック・アセット・マネジメントの債券責任者、ジョ ン・ストップフォード氏は「特にインフレ率の上昇という観点で見た 中銀の信頼性の問題を考えると、リスクバランスは徐々に金利引き上 げを支持する方向に移りつつあるようだ」と指摘。「英国債相場は金 利期待の変化に反応している。年内に利上げがありそうだ」と述べた。

ロンドン時間午後4時半現在、10年債利回りは前日比6ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.68%。3日ぶりの 上昇となった。同国債(表面利率4.75%、2020年3月償還)価格 は0.47ポイント下げて108.20。2年債利回りは7bp上げて

1.25%。

インフレ見通しの指標となる10年物のブレークイーブンレート (通常国債とインフレ連動国債の利回り差)は一時4bp上昇の

3.14ポイントと、1日の上げとしては1週間で最大となった。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE