シュタルクECB理事:インフレ抑制、必要とあれば「行動」の用意

欧州中央銀行(ECB)のシュタ ルク理事は、政策当局は必要に応じてインフレの脅威に対応する用意 があるとの認識を示した。

同理事は26日、キールでのイベントで、「ECBの金融政策は依 然緩和的であり、景気動向を考慮すると一層緩和的になっているとい える」と指摘。「現時点では、われわれの分析では中期的なインフレ 圧力の兆候は見られない。だがこの判断が変わった場合は、行動を起 こす」と続けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE