香港金融管理局:新興市場の証券購入へ-外貨準備運用を多様化

香港金融管理局(HKMA、中 央銀行に相当)は、外貨準備の多様化を図るため中国の株式や債券を 含む新興市場の証券を購入する。香港の外貨準備高は世界8位の規模。

HKMAの陳徳霖(ノーマン・チャン)総裁は26日、香港の記 者説明会で配布した資料で、HKMAは外貨準備の運用で「漸進的で 秩序ある」変更を進めていると説明した。

外貨準備を多様化する香港の方針は、人民元の国際化を目指す中 国政府の取り組みと連動しそうだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE