日本CDS、まちまち-ソブリン保証コストは上昇、iTraxx低下

26日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場ではまちまちな展開。ドル建て日本ソブリンが上 昇して3日ぶりに80ベーシスポイント(1bp=0.01%)台で取引された半 面、マークイットiTraxx日本指数は低下した。

複数のトレーダーによると、ドル建て日本ソブリンの5年物は80ベ ーシスポイントで取引され、CMAの東京での終値(気配値)と比べる と2.4bp上昇した。

個別では、ソフトバンクの5年物が前日より11.8bp高い185bpで取 引された。東京電力の5年物は前日と同じ43bp、同3年物は6.4bp上昇 の23bpで取引が成立。

日本の投資適格級発行体で構成するマークイットiTraxx日本 指数は午後に入って、前日比横ばいの108.25bpで複数回取引された。ロ ンドン市場が始まると、下げて106.5bpで取引が確認された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE