香港株(終了):5営業日ぶりに上昇-企業の増益見通しを好感

香港株式相場は、5営業日ぶりに 上昇。大唐国際発電をはじめとする企業が2010年通期決算で増益見通 しを発表したことが好感された。

中国の電力会社、大唐国際発電(991 HK)は3.7%高。同国の海 運会社2位のばら積み船部門、中海発展(1138 HK)も増益見通しを受 けて0.7%上昇した。国内最大のインターネット企業、テンセント・ホ ールディングス(騰訊、700 HK)や恒隆地産(ハンルン・プロパティ ーズ、101 HK)も買われた。

カジノ運営のSJMホールディングス(880 HK)は4.9%安。同 社を率いる資産家のスタンレー・ホー氏が資産譲渡をめぐる一族の争い が解決したことを明らかにしたことで、下げ幅を縮小して引けた。

OSKセキュリティーズ香港の機関投資家担当セールスディレクタ ー、アンドルー・サリバン氏は「現状では様子見の雰囲気がある」と述 べた。

ハンセン指数は前日比54.41ポイント(0.2%)高の23843.24で 終了。一時は0.5%安まで下げた。ハンセン中国企業株(H株)指数は 前日比0.7%高の12649.97。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE