北京市:ナンバープレートで初の抽選、競争率11倍-渋滞緩和策

北京市当局は26日、市内の交通渋 滞の緩和策の一環として、車のナンバープレートの抽選を初めて実施 した。申込者の数は許可件数のおよそ11倍に上った。

今回の抽選で交付される新規のナンバープレート1万7600件に対 し、現地時間午前10時(日本時間同11時)現在の申込者総数は18万 7420人。北京市当局によると、抽選の模様はテレビとインターネット を通じて生中継されるという。

米IBMが昨年実施した調査によれば、北京市は交通予測のしや すさやガソリン価格、ストレスなどの要素も含め、世界で最も通勤・ 通学に「骨の折れる」都市と、ドライバーの間で位置付けられている。

北京市は、今年の自動車の新規登録の上限を24万台とし、このう ち88%を個人向けとする計画。先月の市当局の発表によれば、個人向 けの抽選は毎月26日、団体向けは2カ月に1回実施される。同市の昨 年の新車販売は計89万台だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE