人民銀の易副総裁、金融政策手段の効果は限られている-中国証券報

中国人民銀行(中央銀行)の易綱副 総裁は、同国の金融政策手段の効果が限られるとみていると、中国証券 報が26日、同副総裁が最近の論文を基に報じた。こうした手段には利上 げや人民元の柔軟性向上、預金準備率の調整、人民銀の手形発行が含ま れているという。論文掲載の時期や場所は明記していない。

同紙によれば易副総裁は、中国の利上げは「熱銭」と呼ばれるホッ トマネー(投機資金)を呼び込み、預金準備率はピークに達したとし、 資本規制の効き目も長期的には落ちると指摘。その上で、米国の量的緩 和への本質的な対応は、貿易を均衡させ中国の貿易黒字を減らすことだ と説明したという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE