ヤフー株3連騰、広告など各種サービス堅調で増益・増配へ

インターネット検索国内首位のヤ フー株が一時、前日比2.4%高の3万2700円と3連騰。昨年12月17 日以来、約1カ月ぶりの高値を付けた。足元の広告売上高の増加など から、同社が25日の取引終了後に発表した今期収益と配当予想は前期 との比較で増益、増配となるため、好業績を評価する買いが先行した。

同社が25日の取引終了後に発表した決算短信によると、今期 (2011年3月期)の連結純利益は909億円-923億円の範囲になる見 通しで、前期比では8.8%-11%増益となりそう。また、期末配当計 画は1株当たり313円-319円とし、前期末実績の288円と比べ増配 となる見込みだ。広告出稿が拡大したほか、「Yahoo!ショッピング」の 取扱高伸長、eコマース向け決済サービスの利用増など各種サービス が好調。また、データセンターでの運用体制効率化による通信費減少 なども寄与しているという。

同社広報担当の三村友理氏によると、増益を見込む最大の要因は 広告出稿の拡大だという。「広告市況はリーマンショック後、だいぶ戻 ってきているため、第4四半期に関してもおそらく好調であると予想 される。追い風が吹いている」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE