宇部興株が3連騰、リチウムイオン電池電解液の生産倍増へ

宇部興産株が一時、前日比1.9% 高の264円と3日続伸。リチウムイオン電池の基幹部材の1つである 電解液の生産を倍増することが分かり、需要増を背景にした同分野の 今後の業績貢献を見込む買いが優勢になった。

2012年4月に約15億円を投じ、堺工場の年産能力を5000トンか ら1万トンに引き上げると26日付の日本経済新聞朝刊が報じた。現在 は携帯電話向けなどが主力だが、増産分は主に車載向けに販売すると し、またスペインでも海外で初の生産・サンプル出荷に乗り出すと伝 えている。

宇部興の広報担当者はブルームバーグの電話取材に、電解液生産 倍増の報道は事実とした上で、車載用途というのは民生用途に比べボ リュームが大きく、将来電気自動車(EV)などの車載用途の電解液 の需要が立ち上がってきたときのため、今から準備しようとの狙いが ある、と説明した。また、スペインでの生産・サンプル出荷について は、EU(欧州連合)や米国の電解液のニーズが高く、現地で密着し て対応できるようにサンプルワークを始めるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE