コマツ株が続伸、今期業績の上振れ観測-米中で建機伸びる

コマツの株価が続伸。中国や米国 で建機の販売が伸び、2011年3月期業績が計画を上回りそうと一部で 報じられた。業績予想が計画を上回るのは今期3度目となるため、収益 拡大ペースの速さが評価され、前日比2.5%高の2487円まで上げた。

11年3月期の連結営業利益は前期比3.3倍の2200億円前後と、従 来予想を200億円程度上回りそうだと26日付の日本経済新聞朝刊が報 じた。中国で建設機械の販売が増え、米国でも油圧ショベルに加えて鉱 山開発用機械などの需要が回復、為替相場の円高の影響を補えるとして いる。ブルームバーグ・データにあるアナリスト21人による、コマツ の連結営業益の予想中央値は2100億円。

みずほインベスターズ証券の相馬宏幸アナリストによると、建機業 界では、中国を中心とした生産動向が業績を決める状況だという。コマ ツは同業の日立建機に比べ、「中国で資材の買い取りや工場要員の確保 といったオペレーション面で早めの対応ができている」と同氏は指摘、 需要増が見込まれる2月の春節(旧正月)明けに向けて、足元では「順 調に在庫を積み上げている局面」との見方を示していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE