FRB議長の支持率66%、量的緩和は低い評価-四半期調査

投資家の間で、バーナンキ米連邦 準備制度理事会(FRB)議長の好感度は高い。しかし、同議長の政 策はそれほど評価されていない。

ブルームバーグが1月21-24日、投資家やトレーダー、アナリス トなど世界の顧客1000人を対象に実施した四半期調査によると、回答 者の66%がバーナンキ議長を好意的に評価。好意的でなかったのは 31%だった。バーナンキ議長の支持率は、トリシェ欧州中央銀行(E CB)総裁を上回ったほか、メルケル独首相を除くあらゆる世界の政 治・経済界のリーダーよりも高い評価を受けた。

一方で投資家は、FRBの政策に対しては同様の高い評価を与え ていない。FRBが昨年11月に発表した6000億ドル規模の米国債追 加購入措置の評価は特に低く、回答者の35%が同措置について「これ までのところ経済に有意な影響を一切与えていない」と回答した。ほ かにも33%が「インフレ率を危険な水準に押し上げる恐れがある」と 指摘。「意図した通り、失業者減少と成長促進に役立っている」は27% にとどまった。

-- Editors: Max Berley, Christopher Wellisz

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Scott Lanman in Washington at +1-202-624-1934 or slanman@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE