NY外為:ドル下落、米大統領の予算凍結案めぐる観測で

ニューヨーク外国為替市場では、 ドルが対円で3日続落。オバマ米大統領が非国防裁量予算の5年凍結 を発表するとの見通しを受けて、米国債利回りが低下した。

英ポンドは対ドルで約1カ月ぶりの大幅下落を記録した。英国の 昨年第4四半期国内総生産(GDP)が前期比で予想外に減少したの が材料となった。米10年債の上昇で利回りは一時0.09ポイント下げ て3.31%と、1月18日以来の低水準に押し下げられた。

みずほフィナンシャルグループのシニア為替トレーダー、柳原秀 敏氏(ニューヨーク在勤)は、一般教書演説が国債相場を押し上げた と述べ、それがドル・円相場に圧力をかけたと続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.3%下げて1ド ル=82円25銭(前日は82円53銭)。ドルは対ユーロで0.3%値 下がりして1ユーロ=1.3681ドルだった。前日は1.3638ドル。ユ ーロは対円で変わらずの112円54銭。

オバマ米大統領は、25日夜の一般教書演説で、財政赤字の削減 策として非国防裁量予算の5年間凍結を提案する。政府当局者が匿名 を条件に述べた。大統領は昨年の一般教書演説で国防・安全保障関連 を除く裁量的歳出の増加を3年間凍結させることを提案した。

FOMC

25-26日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、6月末ま での6000億ドルの資産購入計画の継続が確認されるとみられている。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト98人の予想によると、 全員が米政策金利の据え置きを見込んでいる。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した1月の消費 者信頼感指数は60.6と、前月の53.3(速報値52.5)から上昇した。 ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は54だった。こ の統計発表後、ドルは対ユーロで上昇する場面もあった。

ユーロは今年に入り、対ドルで2.4%値上がりしている。欧州が ソブリン債問題を沈静化させるために長期的な対策を打ち出すとの観 測が背景だ。

アイルランド支援資金を調達す るため欧州の域内救済基金であ る欧州金融安定ファシリティー(EFSF)が発行した5年債には、 発行額50億ユーロに対し、約500の投資家から445億ユーロという 「圧倒的」な額の注文があった。EFSFの発表によると、発行額全 体のうち20%超を日本政府が購入した。

「再びユーロ売りも」

INGグループの通貨取引ディレクター、ジョン・マッカーシー 氏は、「過去1週間半、ユーロは確実に恩恵を受けてきた」と述べた 上で、「一部の市場参加者は、ユーロを再び売りに出すかもしれない。 欧州周辺国の問題に対してこれといった解決策がないからだ」と続け た。

英ポンドは対ドルで1.1%安。一時は1.5%下落まで売り込まれ る場面もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE