米FHFA住宅価格指数:11月は前年比4.3%低下(Update1)

米住宅価格指数は昨年11月に

前年同月比で4.3%低下した。

米連邦住宅金融局(FHFA)が25日発表した昨年11月の住

宅価格指数(季節調整済み)によると、落ち込みが最も大きかったの

はコロラドとネバダ、モンタナ州を含む地域で11%低下。住宅価格

指数は前月比では変わらずだった。

失業率が9%超で推移するなか不動産需要が低迷。また差し押さ えの増加で住宅価格が押し下げられている。

IHSグローバル・インサイトの米チーフ金融エコノミスト、ブ

ライアン・ベシューン氏は統計発表前に、「雇用が増えれば、住宅購

入に前向きな人も多くなる」と述べていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE