米J&J:10-12月期12%減益、薬品回収で売り上げ減

ヘルスケア製品最大手、米ジョン ソン・エンド・ジョンソン(J&J)が25日発表した昨年10-12月 (第4四半期)決算は、前年同期比12%の減益。一部薬品の回収や売 り上げ減が影響した。同社は2011年の業績がアナリストの見通しを 下回ると予想している。

発表資料によると、純利益は19億ドル(1株当たり70セン ト)。前年同期は22億ドル(同79セント)だった。調整済み1株当 たり利益は1.03ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト17人の 予想平均と一致した。

第4四半期の売上高は156億ドル。前年同期は166億ドルだっ た。2010年通年では616億ドル。同社予想の625億ドルに及ばなか った。

同社によると、2011年の利益予想は一部項目を除いたベースで 1株当たり4.80-4.90ドル。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Steven Fromm at +1-212-617-4262 or sfromm@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE