印ドクター・レディース:10~12月は黒字-予想は下回る

売上高でインド2位の製薬会社、 ドクター・レディース・ラボラトリーズの昨年10-12月(第3四半期) 決算は、純損益で黒字を確保した。ただ、訴訟費用の増加で市場予想 に届かなかった。

25日の発表によると、純利益は27億3000万ルピー(約49億 円)。前年同期は52億2000万ルピーの赤字だった。ブルームバーグが まとめたアナリスト19人の予想平均は29億1000万ルピーの黒字。

米国での訴訟費用に加え、インドとロシアで販売促進費が膨らみ、 こうした関連経費が前年同期から17%増加した。売上高は前年同期比 10%増の190億ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE