米下院共和党院内総務:州の債務再編に反対、歳出削減などで対応を

米下院共和党のカンター院内総務 (バージニア州)は、州の財政問題について、歳出削減ないし歳入 拡大を通じて対処でき、州が破綻処理のような形で債務を再編する のを容認すべきではないとの考えを明らかにした。

同院内総務は24日、ワシントンで記者団に対し、こうした処理 は必要ないし、連邦政府による救済も同様だと指摘。州には「自力 で対処する能力があり、連邦政府の州救済はないだろう」と語った。

1995-99年に下院議長を務め、12年の共和党大統領候補の一人 であるニュート・ギングリッチ氏は、破綻処理に似た方法は賃金や 年金債務の団体交渉で州政府にとってプラス材料になろうと示唆し ていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE