GM再生のアリックス:元日興PI会長の平野氏を日本代表に

自動車メーカー、ゼネラル・モータ ーズ(GM)の再生を手掛けた米アリックスパートナーズは、新たな日 本代表に元日興プリンシパル・インベストメンツ会長の平野博文氏を抜 擢する人事を固めた。

平野氏(49)は2月にも就任する予定。現在代表の西浦裕二氏はアジ アの副会長に就く見通しだ。アリックスパートナーズ・アジアの中谷真 理子広報担当が明らかにした。平野氏は現在、同社のマネージング・デ ィレクターを務めている。

米ミシガン州を本拠にするアリックスはGMのほか、Kマート、エ ンロン、AT&Tラテンアメリカなどの企業を再建してきた。日本では 東京に2005年にオフィスを開き、10年に上場廃止になった日本航空など の事業再生に携わっている。

平野氏は慶応義塾大学を卒業後、1983年に日興証券へ入社。シカゴ 大学の経営学修士号(MBA)を取得している。2000年に日興プリンシ パル・インベストメンツ社長に、04年には会長に就いた。日興では日本 や英国で7200億円規模を投資し、8500億円を回収した実績を持つ。

クロスボーダーM&A増加へ

プライベート・エクイティの分野で強みを持つ同氏は、英国では港 湾事業会社、高速道路サービスエリア会社や金融機関など、日本国内で はタワーレコード、ベルシステム24、ソニーのリテール事業や西武ホ ールディングスなどの投資実績がある。

08年にアリックスへ参画後は、住友信託銀行のシティグループから の日興アセットマネジメントの買収や、シンガポールの銀行DBSの運 用子会社の買収などクロスボーダーのアドバイザリー業務に携わった。 ブルームバーグ・データによれば、日本企業の海外企業の株式や資産の 買収は10年に491件(337億ドル)と、09年の397件(307億ドル) から増加している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE