米FRBは年内に「QE3」の公算大、株安へ-野村のジャンジュア氏

米連邦準備制度理事会(FRB) は、景気減速を受けて年内に量的緩和措置第3弾(QE3)に踏み切 る可能性が高いと、野村ホールディングス傘下ノムラ・インターナシ ョナルのクロスアセット・アロケーション・ストラテジー共同責任者、 ボブ・ジャンジュア氏はみている。

ジャンジュア氏は24日、ブルームバーグテレビジョンの番組 「インサイドトラック」でエリック・シャツカー司会者のインタビュ ーに答え、「米国の景気回復に最大の疑問を持っている」と述べ、 「実際のところ、今年も去年と同様の展開だろう。年末に近づくにつ れて成長シナリオは後退する。そして去年のようになり、QE3が視 野に入ってくる」との見通しを示した。

米国株については、「リフレ(通貨再膨張)政策を材料にした買 い」の巻き戻しがあり、10%の調整があるとみていると予想。その上 で、景気回復を確信しているなら、米金融株を保有すべきだと指摘し た。

ジャンジュア氏はまた、アジアについて「一般的な見方よりも深 く厳しい景気減速になると思う」と語った。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Keith Campbell at +44-20-7073-3829 or k.campbell@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE